自分の枠を広げる


ここ最近深夜まで仕事という日々が続いている。
これは今に始まったことではないが、体に疲れが
たまってきているのがよく分かる。

ただ、この疲れが残るという感覚は実は自分が
フロー状態に入っていないという証拠で、実際
ワクワクするような仕事を続けていれば、長時間
仕事に浸かっていてもほとんど疲れが残ることは
ない。

働いた時間で自分の疲労感を自己洗脳している可能性が
ある。仕事はあくまで成果、100回素振りをしても1本も
ヒットを打てなければ評価されないのと同様、どれだけ
の獲物を獲得したかで勝負は決まる。

毎日一所懸命に自分の限界に挑戦することで、
自分の枠を広げることができる。
マラソンでも同じだが、ジョギング練習だけでは
一定の記録までは伸びていくが、それ以降は自分を
追い込む練習が必要になる。フルマラソンを3時間
以内で走るためには特にそうした追い込み型の練習
が必要だ。
(100kmはジョギング練習だけで十分完走できるが。。。)

明日のために力を出し惜しみしていつも80%の力
しか出していないと、いつのまにかその80%が
自分の実力になってしまう。

人間の体や意識というものは、絶えず120%の力で走り
続けていると、それがいつしか当たり前になるように
出来ている。無理なことをずっと続けるのはダメだが、
自分の実力よりもちょっとだけ負荷をかけた状態を
キープすることが自分の枠を広げることにつながる。
誰でも適用されるルールだが、自分に絶えず負荷を
掛けつづけられる人はほんの一握りだ。

へろへろになって帰ってきても、一晩寝ればまた
エネルギー満タンで飛び出すことができる。
帰宅したときに「今日も全力で力を出し切った!」
といえるようなスタンスで毎日を過ごしたい。


自分の枠を広げる」への2件のフィードバック

  1. 昨日は、英語の文章から始まり、
    私にとってはカナリ難解なテーマでしたが・・・

    本日は、最近ノンビリマイペースが、
    仕事、生活スタイルに関してもベストだと、
    自分自身に言い聞かす事が、
    しばしば・・・

    そして、余力を残して仕事をしてる毎日。。。

    結果も大事ですが、
    もっとアグレッシブルさを出さないと、
    まずいのかと考えさせられます。

    1. はっちゃんさん、
      コメントありがとうございます!
      のんびりも全然OKだと思います。
      僕はテラMですので(笑)
      それ以上に、自分がどこまでできるのかという
      ことに興味があるので、追い込んでいるって
      感じですね。

      マラソンもサブ3やってみたいんですけど
      今の膝の状態と重い体では難しいので、
      また一からトレーニングです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です