今年最後のご挨拶

昨日、全国神社寺社めぐりから戻ってきた。 どうも最終日に食べた牡蠣にあたったのか、 調子が悪く、昨晩から結構な腹痛と熱が続く。 ただ、今日は大晦日なので、悪い体調を押して 関東にあるいつもお世話になっている神々様へ お礼…

事業計画を伝える場:プレゼンテーション

<POINT⑥>高い成長性が見込める事業であるかどうか?またその根拠が明確であるか 投資にリスクが伴うことを、投資家は当然のこととして知っている。例えばベンチャーキャピタルのような投資の専門家であっても、投資先が計画通り…

魂と出会う旅(19)

『復興の力 ~国内道中最終日~』 今日はいよいよ国内ツアーの最終日。 朝起きてまずは塩釜へ。 大震災があったとき、真っ先におとづれたのが、 この塩釜と石巻だ。 大学時代、僕はたくさんの生徒をこの地で教えていた。 その時の…

魂の出会う旅(18)

『最後の訪問地到着 ~光に包まれた夜~』 米沢から山形経由で仙台へ入る。 ここ仙台は今回の旅の最後の訪問地だ。 仙台は光に包まれていた。 このシーズンは市内の常禅寺通りが 光のイルミネーションに包まれる。 「光のページェ…

熱き想いは人を動かす

「何か面白いアイデアがあれば、簡単に資金を出してくれる人は見つかるのではないか」 そう安易に考えている方が多いことに、驚かされる。 確かに面白いビジネスアイデアは、投資資金を得る上で大切な要素の1つといえる。しかしいくら…

「人の心を動かす」事業計画を作成するために

事業計画書を作成するうえで、注意していただきたい点がある。それは「人の心に刺さる事業の使命(経営理念)を掲げること」 事業の使命を考えるといっても、言葉遊びになってはだめだ。ミッションを語る時にとても大切なことはパッショ…

魂の出会う旅(17)

『JFKが尊敬する人物 ~米沢上杉神社~』 新潟から一般道を経由して山形へ入る。 昨日から大雪警報が発令していたこともあって、 山形へ抜ける峠道はかなりの雪。 スタッドレスタイヤを履いていても かなり滑る。。。冷や汗の連…

魂と出会う旅(16)

『新潟の豪農の里 ~雪と白鳥~』 日は、新潟の町を少しめぐってみる。 といっても、町を散策してもつまらないので、 町から少し離れた地元の人が知る 素敵なスポットを訪問する。 まずは、「白鳥の渡来地」として 全国的に有名な…

パートナー向けに事業計画書をアレンジするには

直接的な利害関係のある事業上のパートナーに対して、自社の事業についての説明を求められる場合がある。自社のボードメンバーや社員をはじめ、仕入れ先や販売先といった取引先などだ。自社にとって有益なアライアンスを組んだり、社内の…

魂と出会う旅(15)

『軍神・上杉謙信の痕跡 ~春日山城・林泉寺~』 今回の移動の中で最長となる1100kmの ドライブを経て、出雲から上越市に入る。 上越市には、かの有名な上杉謙信の春日城跡と 林泉寺がある。 朝の天気予報で大雪警報が出てい…

金融機関向けに事業計画書をアレンジするには

金融機関(銀行や日本政策金融公庫)の場合、融資として借入申請をする際には事業計画書が必要になる。通常は、融資申込書と一緒に事業計画を提出する。金融機関によっては事業計画書のフォーマットが決まっている場合もあるが、基本フォ…

魂と出会う旅(14)

『出雲はいつも雨 ~出雲大社訪問~』 広島から車を飛ばして約4時間。 出雲大社に到着。 生涯3回目の出雲 不思議なことに、出雲大社に来るときはいつも雨。 今回も当然のように雨に見舞われる。 雨には浄化作用があるというが、…

投資家向けに事業計画書をアレンジするには

投資家にも、様々な種類がある。まず思い浮かぶ投資家としては、個人投資家(エンジェルとも呼ばれる)が挙げられるだろう。この個人投資家は、ベンチャーキャピタルなどの法人投資よりも一般的に投資金額は少額となる。しかし形式よりも…

魂と出会う旅(13)

『厳島神社 ~人と神々が共生する島~』 今日は広島。 前のビジネスで広島支店があったので、 3ヶ月に一度は訪れていた町。 でも、それだけ来ていたにもかかわらず 厳島神社を訪問したことはなかった。 今回の目的は厳島神社の訪…

事業計画書フォーマット 基本編

まず、事業計画書の基本について理解しておきたい。最初に事業を思いついた時に、その内容をきちんと事業計画書の形にまとめるためのフォーマットである。利用シーンとしては、「会社設立」時に利用することが一番多い雛形だ。 独立して…

魂と出会う旅(12)

『伊弉諾と伊弉冉 ~日本創造の神~』 今日は朝からとてもいい天気。 ホテルの窓から、淡路大橋がとても綺麗に見える。 今日はこれまで訪問しようとして実現できていなかった 淡路島にある伊弉諾神宮を訪問した。 身支度を済ませて…

魂と出会う旅(11)

『久しぶりの京都』 伊勢から車を飛ばして京都へ向かう。 京都は強い思い入れのある土地。 高校時代に約一ヶ月の間、下宿していたのが、 下鴨神社の周辺。 当時は神様のこととか日本のことはほとんど 知らなかったが、とにかく下鴨…