認識力で人生の意味が変わる

Tadashi Hattori

静岡県出身。東北大学工学部応用物理学科卒。 1993年アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)入社。大手会計システムの設計・開発・データ移行に携わる。同社戦略グループへ配属後、医療法人システム導入PJT、大手石油会社業務改革に従事。同社を退社後、個人で複数の中小企業を相手に経営診断、営業支援を実施した後、1998年(株)ベルハート入社。発信型テレマーケティングメソッドの開発・導入指導をしつつ、1999年Bell Heart Inex Le Corp.代表として台湾へ赴任。同事業黒字化の後、代表退任し帰国。 2000年(株)ラストリゾート入社。国内拠点、海外拠点の拡大に従事。同年、同社取締役。2002年、同社取締役事業本部長就任。2006年代表取締役に就任。2009年同社代表退任後、数々の新規事業、新会社設立に参画。コンサルティングや経営参画しつつ、多くのプロジェクトに足を突っ込む根っからのお節介。 生涯調達資金額が70億円を超える資金調達のスペシャリスト。

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. 小林宏 より:

    「1865年 56歳 (ゲティスバーグ演説)」とされていますが、その演説は1863年11月19日に行われたものです。チェックしてみてください。この際、その演説について、とりわけその中の”government of the people, by the people, for the people,”の意義について関心を持ってみませんか。「人民の、人民による、人民のため政治」という和訳でリンカーンが何を言っているのか理解できますか。これらのことについてご関心をお持ちになった場合には、拙著「”Government of the people, by the people, for the people,”とは何か?」(2013.近代文芸社)をご覧ください。

    • collabo13 より:

      小林さま、コメントありがとうございます!ご指摘の通りですね。年表を更新いたしました。ありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です