小布施ッションへ参加


今日は長野県の小布施でぞろ目の日に
行われる「小布施ッション」に参加した。

「小布施ッション」の定義は以下の通り。

オブセッション Obsession[1680]
英語。名詞。取りつくこと。強い思い、
アイデイア、意欲、こだわり、感。
人を惹きつけるモチベーション。

小布施ッション Obusession[2001]
日本語。名詞。
1.栗と北斎で知られる町、長野県小布施町が大好きだということ。
2.小布施で毎月一回、ゾロ目の日に催されるイベント。
各界で先駆的な仕事をしている講師を招き、
知的で有効な情報交換を行った後に、おしゃれ、
且つ気楽に、おいしい小布施の料理と酒を
楽しみながら、おもしろい出会いを重ねる会。
「Obsession」には「u」が入らないが、
小布施で使う 「Obusession」には「u」が入る。
この場合「u」=「you」、つまり「みなさん、
あなたがた」が必要という意味も含む。

小布施ッションの様子はこんな感じ。

今日のゲストはデザイナーの梅原真さん。

実は昨日有楽町で梅原さんと直接お会いして
地方活性についてのお話を直接お伺いした。
今日のセミナーでは、これまでの商品開発や
地域プロデュース活動において何を大切にされて
きたのかをたくさんのスライドを交えて分かりやすく
お話いただいた。

これから日本の地域活動を盛り上げるために様々な
活動をしなければならない。
マイナスをプラスに変えるために自分が何ができるのか
考え、行動していきたい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です