またまた辞任。。。

投稿日:

鉢呂吉雄経済産業相が先ほど辞任表明した。
経緯は以下の通り。

-----------
鉢呂吉雄経済産業相は10日夜、東京・赤坂の衆院議員宿舎で
野田佳彦首相と会い、東京電力福島第1原発事故をめぐる
自身の不適切な言動の責任を取って辞表を提出し、受理された。
「福島の再生なくして日本の再生はない」として
原発事故収束を政権の最優先課題に掲げた首相にとって、
原子力行政を所管する経産相の辞任は大きな打撃だ。
野党は鉢呂氏を任命した首相の責任も追及する構えで、
2日に発足した野田政権は出だしからつまずいた。
首相は臨時国会の召集を13日に控え、後任人事を急ぐ。
鉢呂氏は10日夜、経済産業省で記者会見し、
「一連の発言で国民の皆さん、とりわけ福島県民の皆さんに
多大の不信の念を抱かせ、心からおわび申し上げる」と述べた。

同氏は8日、福島第1原発を視察。帰京後に記者に「放射能を付けたぞ」
という趣旨の発言をした。また、9日の記者会見では第1原発周辺を
「死の町」と表現し、被災地の強い反発を招いた。
このため、10日午後に自らの発言について陳謝した上で、
「(閣僚として)一生懸命頑張っていきたい」と続投に意欲を示していた。
しかし、野党が更迭を強く要求。民主党内からも「国会審議は持たない」
(中堅)などと辞任を求める声が強まっていた。
鉢呂氏の一連の言動について首相は10日午後、視察先の岩手県陸前高田市で
「なるべく早い段階に本人にお考え、あるいはその経緯(を聴き)、
報道と本人がおっしゃっていることに違いがあるので、
しっかり説明していただきたい」と語った。
自らの任命責任については説明を避けた。

--------------

「放射能付けたぞ」って、お前は幼稚園児か!!

辞任は当然として、なぜこんな奴が大臣に任命されるんだ。
経済産業大臣がこんなことで退任するというニュースが
流れる事自体とても恥ずかしい。

今日21時からサンデル教授による白熱授業が放映されていた。
内容は、「大震災の補償」政府が負うべきか―各国学生と熱論

http://www.j-cast.com/tv/2011/09/08106413.html

ここに出ていた学生のほうがずっとまともな意見を言っていた
気がする。
彼らがこの大臣の発言を知ったらどんな発言するのだろう。。。

<今日の記録>
RUN:10km
体重:83.3kg 体脂肪率:19.9%

<今日の食事>
朝:バナナ+トマトジュース
昼:カレー
夜:カレー
 


コメント コメントを追加

  1. yukio shimoyama より:

    悲しい現実ですね。

    私はここ最近ほとんど選挙に行ってません。行っても、白紙。
    朝から晩まで働いているサラリーマンは地元代議士の考えを当選する前に知ることが難しいからです。

    駅で街頭演説してますが、一般的にやられているやり方は、自己満足にしか見れません。

    通勤前のバタバタした時間に、難しい政治の方針や他者(他党)の批判を聴く人が何人いるのか?

    選挙制度を0から作り上げないと、この国の政治は、いつまで幼稚園児に任せる事になるのでしょうか?
    それとも、何か私達にもまだ出来る事があるのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です