またまた辞任。。。

Tadashi Hattori

静岡県出身。東北大学工学部応用物理学科卒。 1993年アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)入社。大手会計システムの設計・開発・データ移行に携わる。同社戦略グループへ配属後、医療法人システム導入PJT、大手石油会社業務改革に従事。同社を退社後、個人で複数の中小企業を相手に経営診断、営業支援を実施した後、1998年(株)ベルハート入社。発信型テレマーケティングメソッドの開発・導入指導をしつつ、1999年Bell Heart Inex Le Corp.代表として台湾へ赴任。同事業黒字化の後、代表退任し帰国。 2000年(株)ラストリゾート入社。国内拠点、海外拠点の拡大に従事。同年、同社取締役。2002年、同社取締役事業本部長就任。2006年代表取締役に就任。2009年同社代表退任後、数々の新規事業、新会社設立に参画。コンサルティングや経営参画しつつ、多くのプロジェクトに足を突っ込む根っからのお節介。 生涯調達資金額が70億円を超える資金調達のスペシャリスト。

あわせて読みたい

1件の返信

  1. yukio shimoyama より:

    悲しい現実ですね。

    私はここ最近ほとんど選挙に行ってません。行っても、白紙。
    朝から晩まで働いているサラリーマンは地元代議士の考えを当選する前に知ることが難しいからです。

    駅で街頭演説してますが、一般的にやられているやり方は、自己満足にしか見れません。

    通勤前のバタバタした時間に、難しい政治の方針や他者(他党)の批判を聴く人が何人いるのか?

    選挙制度を0から作り上げないと、この国の政治は、いつまで幼稚園児に任せる事になるのでしょうか?
    それとも、何か私達にもまだ出来る事があるのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です