2007年6月14日

投稿日:

みなさん、こんばんは。

二日ぶりの書き込みです。昨日は、朝一で静岡のネット会社を訪問した後、名古屋に出向いていました。現在名古屋の美術館でダリ展が開催されており、それを見にいっていました。名古屋オフィスの藤井、渡邉、見世の3人と一緒に白川公園で待ち合わせをして、見てきました。僕は昔から絵を見るのが好きなのですが、それは絵を通じてその作者のイメージを感じることが出来るからです。例えば風景画であれば、実際にその画家が立っている場所をイメージし、リアルにその場に立つようなイメージを持ちながら鑑賞する。ピカソの絵なんかを見るとキュビズムの各面を同時に意識をすると、その立体が浮き上がってくるような錯覚に捉われます。(マジックアイで3D画像が飛び出してくる感覚に近いものがあります。)今日のダリは、そうした観点で見ると、彼の思想や感情みたいなものが、吹き出ていました。絶妙な構図から不安感を醸成したり、晩年の作品には、物事の構造やフラクタルに魅了されたイメージが、そのまま絵の中に現れている気がしました。久しぶりに、こうした世界を満喫させていただきました。その後、セントレア空港まで出向き夕食を食べて、名古屋から横浜まで戻ってきました。ただ、今回車で行ったので、一日で往復プラス移動で800km位運転したせいか、家にたどり着いたときにはへろへろになっていました。やっぱり年ですかね。

今日は、朝からインキュベーションファクトリーの加藤代表といろいろとお話させていただきました。加藤さんには昔からいろいろとお世話になっていて、たくさんのヒントやビジネスの機会を頂戴するのですが、今回は他社との差別化を具体的にどのように図るべきかというトピックと、システム導入時に考えられるリスクについてお話させていただきました。なかなか中にいると客観的に会社を見ることができなくなるのですが、いろいろと貴重なご意見を進言いただき、今後に役立てていきたいと思います。
本社に戻ってきてから、パソナの鈴木氏と新しい帰国後サポートにも絡むサービスラインについてのお話を詰めました。ほぼ条件面や内容についても固まってきましたので、8月1日のサービスインへ向けてこれから動き出します。何名かのスタッフからも帰国後サポートのてこ入れをきちんと行いたいという申し出を頂いていましたので、是非急速に進めていきたいと思います。
 
明日は、フルキャストの平野代表とお会いします。また、どんな話をしたかは明日ご報告します。

そうそう、最近写真の掲載をあまりできていませんので、新しいシリーズでもやろうかなと思っています。先日仙台へ出張したときにも、昨日名古屋で話をしたときにも話題に上がったトピックに「ブートキャンプ」がありました。通販番組で知っている方もいると思いますが、テレビでビリーという体格のいいインストラクターが「サークゥーサークゥ」と叫んでいる、アレです。毎日走っているので下半身の強化はだいぶ進んでいると思うのですが、上半身をもっと絞る必要があるので、ビフォーアフター張りにやってみようかと考えています。一応発注はかけましたので、また届いたらお伝えします。

今日はここまで。それでは、おやすみなさい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です