[14日目]リシュケシュへ向けて

投稿日:

14日目。

昨晩深夜にアグラからの特急が
ニューデリー駅に到着。

そのまま駅の待合室へ。
朝とちがって少しだけ人が少ない。

KIMG1211

インド人にならって
そのままベンチで横になる。
一件過ごしにくそうだが、
ここは冷房もきいていて
なかなか居心地がいい。

ただ、隣に銃をもったおじさんが
いたりする。。。

KIMG1214

しばらくすると眠りに落ちる。
午前5時半過ぎに目が覚めて
そのままクロークで預けていた
バックパックを受け取る。

その後一番反対側のホームへ移動して
電車が来るのを待つ。
駅で朝日を拝む。

DSC04502

6時45分発の電車にのって、
ハリドワールへ4時間半の列車の旅。

昨日同様に列車の中はとても快適。
食事をしてそのまま眠りに落ちる。

お昼前にハリドワールへ到着。

DSC04508

ここからバスでリシュケシュを目指す。
バスが劇込みでなかなか大変。。。

KIMG1216

約1時間半かかって25㎞の道のりを
リシュケシュへ向かって走る。

午後2時ころにやっと町に到着。
バスから降りるときにバランスを崩して
転げ落ちてしまった。
少々左腕を打撲したが、骨には異常ないようで
よかった。

リクシャーを探して、25ルピーということで
乗り込んだら、英語がよくわからんということを
言われて、英語の通じるおっちゃんが登場。
いきなりホテルまで280ルピーと言い出す。

疲れと痛みから短気になっていたこともあり、
即座に「NO WAY!」と切り出す。
どう考えてもこの距離で280はありえない。
おたくらは信用できないから、
絶対に使わないことを伝えて
そのままリクシャーを降りる。

そのあとしつこく20ルピーでいいから乗れと
言われるも、同じ値段でもっといい人を捕まえるから
俺の前に二度と現れるなと伝えてその場を立ち去る。

交渉は好きだが、こういう輩はあまり好きではない。

なんとなく町の地図とホテルの位置は
頭に入っていたので、30kg近い荷物を背負って
そのまま町中を歩いていく。
ま、この土地へはトレーニングに来ているので
これもトレーニングの一環だと思えば
大したことではない。

15分ほど歩くとガンジス河の本流が表れる。

DSC04516

川沿いを進むとやっとホテルが見えてきた。
そのままホテルにチェックインして
シャワーを浴びて、ベットに入る。

よほど疲れていたのか、そのまま
朝まで眠ってしまった。。。

続きはまた明日。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です