水野南北の教え


水野南北は、

江戸時代の中頃京都に住み、聖徳太子を教祖として尊び、
更に神道、儒教、仏教の三道を深く研究した。
三年間、散髪屋の小僧になり頭の相を研究し、
三年間、風呂屋の三助をして体の相を研究し
三年間火葬場の隠坊をして死者の骨相を徹底的に究めた。

東西の相法を研究するのみでなく、実地についても深く研究を積み重ね、
百発百中、当たらざること無しと言われた。

————–

私は長年、ずっと人の人相を占ってきたが、
ただ人相のみで判断すると、
金ができ出世し長生きをする相の人で、
貧乏し若死をする人があり、

貧乏で若死をする相の人が、
実際では金ができ
出世をし長生きする人があって、
なかなか当らぬことが多く残念に思っていた。
ところがある時、
ふと食物が大事では? と気づき、
人の運 不運 寿命は
みな食物、飲物をつつしむか
つつしまないかによって決まるのでは
あるまいかと、確かめてみたところ
一年前には大難が来るようになっていた人が、
断然飲食をつつしんだため
大難をまぬがれただけではなく、かえって良いことがあり、
生涯貧乏である相の人が、
飲食をつつしんだため相応の富貴を得て
今は大変出世している人があり、
前々から病弱短命と判断していた人が、
毎日飲食をつつしんだため
心身共健康で長生きしている人が少なくなく、
こんな例をあげると数えきれない程である。
それからは、人を占うのに、
まずその人の飲食の様子を聞いて
それによって一生涯の運、不運を判断したところ、
万人に一人の失敗もないことが分かり、
人の運命は全く飲食一つであると確信し、
これを私の相法の極意と定めた。

私自身が率先して実行し、
一生涯少しも米を食べず、唯、麦を一日一合五勺だけとし、
酒は大好物だがこれも一日一合と定めた。

————-

 ◯ 人間の一生の吉凶は皆只その人の飲食による。
  恐るべきは飲食である。 つつしむべきは飲食である。

 ◯ 飲食が分限より少ない人は、人相が悪くとも吉であり、相応の福分を得て
  長生きし晩年幸福である。

 ◯ 飲食が分限より多い人は、たとえ人相がよくても何事も順調に行かず、
  手おくればかりで生涯気苦労がたえず、晩年不仕合である。

◯ 少食で、激しく定めている人は、たとえ貧乏して悪い人相であっても
相応のしあわせがあり、長生きして何事も大抵不自由することなく
晩年しあわせであり、ひ弱そうに見えても病気をすることがない。

◯ 大食であって、その上量も時間も決まっていない人は問題外で、
一生涯運はよくならず、ついに家庭をこわし、病気になる。

◯ 飲食に定めがあっても、時々少しでも多かったり少なかったりすると、
収入もまた多かったり少なかったりする。
飲食が一定していて変化がないと、収入もまた一定して変化がなく、
ただ食事を一定して厳重に守るが良い。

◯ 厄年に大難の相があっても、いつもおごった食事をせず
厳重に定めている人は厄をまぬがれる。

◯ 酒や肉を多く食して肥え太った人は、一生涯、出世発展することがなく、
つしまないと、晩年不幸せである。

◯ 自分が後々、立身出世しようと思うならば、
まず第一に食を減らして厳重に定めること。
これが出来る人は必ず立身出世をし、
できない人は生涯立身出世の見込みがない。

◯ 繁盛している家の運が尽きてつぶれようとしておっても、
もし跡継ぎの主人がその食事を減らして厳重に守ると
収入が自然に伸び、家運は栄える。

◯ たとえ貧乏で苦労の多い人相でも、
自分自身で、貧乏人らしく粗末な物を食べ、
れを厳重に守り抜くときは、自然に貧しさから抜けだして
相応の財産ができる。
これを自福自得という。

————

○ 常に腹七分目を心がけよ。

○ 人それぞれ、仕事や体格が違うのであるから、
食べる分量は自ずと異なる。
したがって、食を節する場合は、その人相応の分量で節する必要がある。

○ 自分が食を節しているからといって、
家族や他の人に無理にそれを押し付けてはいけない。

○ 節制は吉だが、ケチは大凶である。
従って人をもてなす時は、自分の節制に関わりなく、盛大にもてなすこと。

○ 青菜の類は、いくら食べても構わない。

○ 昔の武士は合戦の時は、1日5食であったが、
そういう非常時には大食しても構わない。

○ 一芸に秀でるほどの者は、慎しみを堅く守っていても、
ますます天から苦しみを与えられことがある。
それはその道をますます究めさせるためである。

○ 食欲がなければ無理に食べるな。

○ 早寝早起きを心がけよ。

今日はここまで。

sim


1件のコメント 追加

  1. 古谷一人 より:

    納得しました❢

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です