アインシュタインの言葉

Tadashi Hattori

静岡県出身。東北大学工学部応用物理学科卒。 1993年アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)入社。大手会計システムの設計・開発・データ移行に携わる。同社戦略グループへ配属後、医療法人システム導入PJT、大手石油会社業務改革に従事。同社を退社後、個人で複数の中小企業を相手に経営診断、営業支援を実施した後、1998年(株)ベルハート入社。発信型テレマーケティングメソッドの開発・導入指導をしつつ、1999年Bell Heart Inex Le Corp.代表として台湾へ赴任。同事業黒字化の後、代表退任し帰国。 2000年(株)ラストリゾート入社。国内拠点、海外拠点の拡大に従事。同年、同社取締役。2002年、同社取締役事業本部長就任。2006年代表取締役に就任。2009年同社代表退任後、数々の新規事業、新会社設立に参画。コンサルティングや経営参画しつつ、多くのプロジェクトに足を突っ込む根っからのお節介。 生涯調達資金額が70億円を超える資金調達のスペシャリスト。

あわせて読みたい

8件のフィードバック

  1. 木村千鶴子 より:

    「知識」を探求し、「叡智」に生かされたアインシュタインは、宇宙摂理のもう一つの片割れの「慈愛」に気づかれたのですね。

  2. 中島美奈子 より:

    心に残ります。
    ありがとうございます

  3. 桃子 より:

    アインシュタインは、彼が発明した原子力は世界を破滅に向かわせるかもしれないことを…

    彼は予見していたのでしょうか…
    そして、世界は戦争、飢餓、災害、人種差別、様々な醜い争いが起こっています。

    アインシュタインは、こんな世界に彼が残した悔恨とともに素晴らしいエネルギーについて言及してくださっていました。

    それが、今科学者によって証明され始めています。

    これは、単なる自分の娘に残した手紙ではなく、人類の未来に起こりうることへの啓発と、それに対抗していくためのヒントなのだと…

  4. よしのふとし より:

    これを毎日読めば
    自分に逢えると思います

    博士の最高の発明は
    この手紙だと思いました

    ありがとうございますz

  5. Kaneshige Kaneko より:

    あのアインシュタインが心に秘めていた愛の力を深く考えて行きたいと思います。

  6. Kaneshige Kaneko より:

    あのアインシュタインが心に秘めていた愛の力を深く思いながらこれからの人生を全うしたいと思います。

  7. アインシュタイン、ありがとう。
    愛の人で生きます

  8. 桑畑地平 chihei kuwahata より:

    勇気をもらいました。
    いままで僕のやってきたこと、
    やろうとしてきたことの全ては
    決して無駄ではなかったのだと。
    それが果たして、どれだけ真実の愛に近づけているか、
    どれだけの力(喜び)を人に与えることができるのか、
    今のところは全く不確定で、
    もしかしたら何の結果も残せないまま、宇宙の塵となって消え失せてしまうのかもしれないけれど、
    僕は僕なりに心の奥のエネルギーを解き放とうと努め、
    どうにかひとつの答を導き出し得たのだと。
    「神性へ近づいて、その輝きを人類の上に拡げる仕事以上に美しいことは何もない。」(ベート-ヴェン)
    アインシュタインはおそらくこの言葉を知っていたのだと思います。 
    *****
    どうか僕の拙い歌が、
    一粒の希望の種子となり、
    たった一つでもいい、闇に閉ざされた心へと射し込む
    ひとすじの光となりますように。・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です