商標登録の戦い

投稿日:

みなさん、こんにちは。

今日は少し商標のお話をしたいと思います。

じつは昨年、とある標準文字の商標登録申請を行い、
無事申請が受理されて登録が完了したのですが
その数ヵ月後にこんな書類が届きました。

「異議申立書」

なんだ、これ。

よくよく内容を見てみると、あきれた論理で
申請した商標については不正登録だから抹消してほしい
というもの。

これまで何十件と商標を申請してきましたが
異議申し立てがあったのは初めて。

しかもこの異議申し立てに対して反論できるのは
1回のみで、商標が取り消しとなる判断が特許庁から
なされた場合のみ。

裁判とは異なるので、なんともこの怒りというか
エネルギーをどこに爆発させていいのかわからないまま
悶々とした日々をすごしていました。

それから約半年が経過して、再び裁判所から次の通知が。

「異議の決定」

あれ、異議が認められたってことと思いきや
内容を見ると

「●●号商標の商標登録を維持する」

結局わけのわからない意義申立は全面的に否定され
申請された商標が無事維持されることとなりました。

もともと異議申立書に書かれていた理由が
独りよがりの勝手な推論に基づくものでありましたが、
まさにその点を特許庁の3名の審判長は一刀両断して
いました。

やっぱりちゃんとした人が見れば、
こうなるんだという良い事例になりました。

まさに「痛快!」

こういうときに使う言葉ですね。

では、また。

images


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です