フィージビリティ・スタディ


事業をスタートする前に
必ずやらなければならないこと、
それが、「フィージビリティ・スタディ」だ。

フィージビリティ・スタディとは、
予備調査、実現可能性調査、採算性調査、費用対効果調査など、
立案した計画が本当に実現可能かどうかを確認する
事前調査のこと。

例えば自動車の開発でも、様々なテストが行われる。
デザイン画から始まり、最終過程においては
モックの制作によって、より現実に近い形で
様々な試作テストが行われる。

295009

これから実施しようと考えている事業について、
実際に自分が考えているビジョンや使命と
その事業内容が一致しているかどうか。
または実際の事業計画で定めた
様々な与件条件に妥当性があるかどうかを、
多角的に調査・検討することが求められる。

単なるアイデアや紙面上の計画が
本当に現実的なものであるかどうか、
その点を実際に小さな規模でのモデリングを
行って試してみる。

そのモデリングのことを、プロトタイプと呼ぶ。
ビジネスモデルのプロトタイプを作って、
実際にPDCAサイクルをまわしてみると、
紙面上では見えなかった様々なことが見えてくる。
そのリアル感こそが、事業計画に命を吹き込む。

事業計画が単なる絵に書いた餅にならないためにも、
フィージビリティ・スタディーを是非進めていただきたい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です