13は突破の数

on

みなさん、こんにちは!
必殺突破人、服部です。

この一週間でだいぶ春めいてきましたね。
ただ、まだ寒暖の差が激しいので、体調には
是非ご留意ください!

さて、今日は13日ですね。
ということで、今日はサブコラム的に「13」と
突破の関係について触れたいと思います。

このブログのタイトルにもあるとおり、
僕は、「13」という数字がとても好きです。
必ず人生の節目になると13という数字が
身の回りに現れます。(不思議ですね~)

一般的に13は不吉な数と呼ばれていますが、
それは、フリーメーソンやイルミナティといった
現体制を維持したいと考えている集団によって
作られた洗脳イメージであって、本来13という
数字には強いパワーがあります。

では、なぜフリーメーソンやイルミナティといった
勢力は13という数を忌み嫌ったのでしょうか?

それは、13には現体制を突破して打ち壊すという
革命的な意味合いが存在しているからです。

この世の中は12のサイクルで完結しているものが
たくさん存在しています。

たとえば1年は12ヶ月。
13ヶ月目は次の年の1年になります。

ピアノの鍵盤でもそうです。
半音階で音を上げていくと、ちょうど13音目が1オクターブ
あがった音になります。

このオクターブが上がるという概念がとても大切なのです。
12段の階段を上がって、13段目を迎えた時、
新しいステージに上がるというこの感覚です。

既存の体制を経験しつつ、そのサイクルを超えて、
新しいものを生み出す、それが13という数字に込められた
意味でありエネルギーであると僕は考えています。

13というエネルギーと突破という概念に意外な共通点が
あるのって、何か不思議ですね。

そういえば、今年は2013年。
政治も経済も様々なことが制度疲労を起こしている
気がしてなりません。
新しい時代へ向かって大きく飛躍できるような年に
したいものです。

では、また来週( ´ ▽ ` )ノ

gorugo


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です