本当に突破したいのか?

投稿日:

突破する2

今日は壁を突破するまえに考えなければ
ならないことについてお伝えします。

まず、考えてみてください。

今、直面しているその壁(目標や問題など)は、
本当に突破しなければならないものでしょうか?

この問い、実はとても重要なものです。

「なんとなく」目の前の問題を解決したいと望んでいませんか?
「なんとなく」漠然とした希望を持っていて、そうなればいいなと
考えてはいませんか?

この漠然とした感覚で目の前の課題を捉えている限り、
その壁を突破することはできません。

それはなぜか。

答えは簡単です。
それは、目の前の壁がそもそも存在していないからです。
突破すべき課題や目標がそもそもぼやけていては、その壁に
対して具体的に何をすべきかという戦略を考えることは
不可能です。

まず突破するための手段をいろいろと考える前にやるべきことが
あります。

それは、自分の直面している壁が何であるのかをきちんと
定義することです。

自分は今「●●という壁」を越えたい。
この「●●という壁」をわかりやすく明確に言葉にすることが
とても大切です。

次に、その壁の周辺にある想いをいろいろと書き出してみましょう。

・今、直面している問題は、本当に感じているような問題なのか。
・その問題が解決することによって、自分にどんなメリットがあるのか。
・今、目指そうとしている目標は、本当に達成したい目標なのか。
・なぜその目標を達成したいのか?
・その目標を達成することによって何が得られるのか。

分かりやすい言葉で壁を表現して、さらにその壁の周辺にある自分の想いや
感情を洗い出すことによって、その壁にリアリティを持たせます。
こうして、突破すべき壁がきちんと見えてくるようになります。

さらに、壁を突破するためには、壁の前後をきちんと把握することが重要です。

壁を突破する前の情報として、今自分がどのような状況におかれていて、
今使える自分の資源は何かをまず考えて見ます。

次に壁を突破した後の自分の姿をきちんとイメージして、その様子を
細部にわたって書き出してみます。

まず、ここまでは壁を突破するために行う最初の準備ステップとなります。

明日は事例を使って、この準備ステップのやり方をお伝えしたいと
思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

突破する


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です