プリンセストヨトミ

投稿日:

先週借りてきて、まだ見ていなかったDVDのプリンセストヨトミを
見ました。

あらすじは以下のとおり。
—–
7月8日金曜日、午後4時――大阪が全停止した。遡ること4日前の月曜日。東京から大阪に3人の会計検査院調査官がやって来た。税金の無駄遣いを許さず、調査対象を徹底的に追い詰め“鬼の松平”として怖れられている松平元(堤真一)。その部下で、天性の勘で大きな仕事をやってのけ“ミラクル鳥居”と呼ばれている鳥居忠子(綾瀬はるか)、日仏のハーフでクールな新人エリート調査官、旭ゲーンズブール(岡田将生)。彼らは順調に大阪での実地調査を進め、次の調査団体のある空堀商店街を訪れる。その商店街には、ちょっと変わった少年少女がいた。お好み焼き屋「太閤」を営む真田幸一(中井貴一)と竹子(和久井映見)夫婦の一人息子・真田大輔(森永悠希)は、女の子になりたいという悩みを抱えていた。その幼馴染・橋場茶子(沢木ルカ)は、大輔とは対照的に男勝りでいつも大輔を守っていた。そんな商店街を訪れた調査員一行は、財団法人「OJO(大阪城跡整備機構)」に不信な点を感じる。だが、徹底的な調査を重ねるも、経理担当の長曽我部(笹野高史)にのらりくらりとかわされ、諦め始めた鳥居も「これでOJOが嘘をついているとしたら、大阪中が口裏を合わせていることになりますよ」と不満をもらす。そのとき、松平の脳裏にある考えが閃いた。「そうだ、大阪の全ての人間が口裏を合わせている……」意を決して再びOJOを訪れた松平の前に現れたのは、お好み焼き屋「太閤」の主人・真田幸一。そして「私は大阪国総理大臣、真田幸一です」と発せられたその言葉に松平は耳を疑った……。
—-

最初は単なる大法螺話の能天気コメディーだと思って見ていました。
豊臣とついているにも関わらず、そのプリンセスは物語やテーマの主軸になぜか
絡んできません。これだけタイトルに表現されている登場人物に重きを置かない
映画も珍しいと思います。

終盤に明かされる大阪最大の謎、地下通路の謎。
それが観客に提示されるときに、数百年間の継続、歴史と呼ばれる
雄大な大河の正体が、つまるところミクロなレベルの信頼と愛で
あることがわかります。
その瞬間、衝撃とともに大きな感動が押し寄せる仕掛けになっています。
思わずこのシーンを見て唸ってしまいました。。。

「一つの通路」で結ばれる、父と子の個別の絆が大きな力と伝統を生み出している
設定がとにかく素晴らしいです。プリンセスという存在が「象徴」としての
存在になっていて、象徴としての役割、それが機能的なものではなく、存在
そのものであるということを、ストーリー全体を通して伝えています。

結局、社会は個人の想いが集まって成り立つもの。
個人の想いがきちんとしていれば社会は正しく成立し、
まっとうなものとして維持できることをメッセージとして
伝えられた気がしました。
また、この考え方は日本ならではで、天皇制に代表される象徴という
存在によって国を統治する考え方の基本を教えられたような気がします。

背景に流れている大きなテーマと、目の前で繰り広げられるこまかなコメディの
仕掛けのギャップもとても光っている秀作でした。

オススメですよ!
もっとヒットしても良かったんじゃないかな。。。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です