祝詞(のりと)

Tadashi Hattori

静岡県出身。東北大学工学部応用物理学科卒。 1993年アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)入社。大手会計システムの設計・開発・データ移行に携わる。同社戦略グループへ配属後、医療法人システム導入PJT、大手石油会社業務改革に従事。同社を退社後、個人で複数の中小企業を相手に経営診断、営業支援を実施した後、1998年(株)ベルハート入社。発信型テレマーケティングメソッドの開発・導入指導をしつつ、1999年Bell Heart Inex Le Corp.代表として台湾へ赴任。同事業黒字化の後、代表退任し帰国。 2000年(株)ラストリゾート入社。国内拠点、海外拠点の拡大に従事。同年、同社取締役。2002年、同社取締役事業本部長就任。2006年代表取締役に就任。2009年同社代表退任後、数々の新規事業、新会社設立に参画。コンサルティングや経営参画しつつ、多くのプロジェクトに足を突っ込む根っからのお節介。 生涯調達資金額が70億円を超える資金調達のスペシャリスト。

あわせて読みたい

1件の返信

  1. 秦 嘉伸 より:

    服部様、御無沙汰で御座居ます。
    秦氏の集いの秦 嘉伸(金鷹)です。祝詞のお話し、私も同じで御座居ますよ。私から貴方様へどの神社のどの神様に唱えても良い祝詞をプレゼン致しましょう。それは‘祖廟御霊鎮’です。

    大元尊神(だいげんそんしん)生命成就(しょうみょうじょうじゅ)
    心は即ち一元未生(いちげんみしょう)の神明(しんめい)なり
    元(はじめ)を元として 元の元に入る
    本(もと)を本として 本の心に依(よ)ざす
    天(あめ)に登りして報命(かえりこと)申し
    日の若宮(ひのわかみや)ととまります
    生まれて来ぬ(きぬ)先も 生まれて住むる世もまかるも
    神の懐(ふところ)のうち・・・

    これは本当に良い祝詞ですよ。これを唱えれば、何処の神社も神主さんも神々もギョッ!として
    よくこの祝詞を知っているなぁ… と感心する事でありましょう。

    天空の鷹…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です