扱えるお金の範囲を考える

投稿日:

最近、ファンド組成の話やベンチャー投資に関する
相談を受ける機会が増えてきている。
増えているというよりも、ほぼ毎日舞い込んでくるという
表現が正しいかもしれない。

金額の規模にして数千万の話から数十億の話までバラエティ
に飛んでいるが、特にここ一ヶ月の間では数十億規模の話が
増えてきている。

以前であれば自分の守備範囲ではないということで、丁重に
お断りしていたのだが、今は話をお聞きした段階でいくつかの
スキームが頭に描けるようになっている。しかもそのスキーム
を実現するための具体的なプレーヤーやエンジェルの顔まで
きちんとイメージできるのだ。

いつからこうした状態になっているのかよく覚えていないが、
ひとつの自分の強みであると思うので、徹底的にこうしたお金の
扱い方、流し方について身に着けていきたいと思う。

振り返ってみれば、初めてアルバイトをしたのが小学校1年生の時。
どうしても電気屋で売られているラジオがほしくて、
夏休み1ヶ月間、親戚の電気工事屋のお手伝いに通った。
やれる仕事は電気コードの整理などだが、今でも鮮明にそのときの
記憶が残っている。
手にしたお金は5000円ほど。その中から3000円を使ってラジオを
手に入れることができた。とてもうれしかった。

小学校高学年から中学、高校は少年団や部活で忙しくアルバイトは
ほとんどやっていなかった。

大学生になり、初めてやったバイトが中島みゆきのコンサートの
お手伝い。搬入、搬出がかなりハードで大変だったのを覚えている。
その後、さまざまなバイトを経験して、大学2年の夏に月収で100万円を
稼いだこともある。「100万」という単位が自分の中で当たり前に
なった瞬間だ。

その後、就職をして1000万の大台に貯金が乗った。
さらに、独立して億という単位が視野に入ってきた。
それが20代後半だ。

30代に入ると、普通に億という数字を管理する立場になった。
上場というレバレッジを使うことによって、場合によっては
100億という数字も夢物語ではないというステージを経験した。

40代に突入した現在、自分の扱えるお金の規模について、
もうひとつゼロを増やすことができるだろうか。
それを現実のものにする具体的なアイデアはあるので、
ひとつずつ形にしていきたい。

<今日の記録>
RUN:15km(今月60km 今年2225km)
体重:82.6kg 体脂肪率20.3%

<今日の食事>
朝:トマトジュース
昼:ソースカツどん+焼きそば
夜:飲み会×2.5


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です