ミミズの救世主

投稿日:

最近暑い日が続いている。
 
今日も最高気温が35度を超えているようで、
日中アポイントの合間の移動がとても辛い。
ニュースによればイベントで30人以上の方が
熱中症で倒れたとのこと。
他人事ではないので、水分補給をこまめにして
注意をしたい。

こういう暑い日は翌日の朝にランニングでたくさんの
ミミズの屍骸を目にする。
お昼前には誰かが掃除されるので、きれいに無くなって
しまうのだが、朝一はなかなかすごいことになっている。
まさにミミズの虐殺風景が目の前に広がっているのだ。

おそらくだが、この暑さに絶えられず、地中から出てきた
ミミズ君が路上でそのまま干上がってしまったものだと
考えられるが、それにしてもちょっとかわいそうな感じ
である。

どこかで聞いた話だが、路上でもうすぐ息絶えようと
しているミミズ君が、かれの世界では理解できない力に
よって無事土の中に戻されるという話がある。
もちろん、その救世主はミミズの姿を見て助けてあげた
やさしい人間の少女なのだが、人間にとっては当たり前
の行動でも、ミミズの視点で考えるとこれは当たり前では
なくなる。神によって助けられたとしか思えないのだ。

同じく上の次元の行動は一つ下の次元に住むものから
見るととても不思議に見える。
2次元の世界に住む人は平面の自由に移動できるが、
1次元の世界に住む人は線の上しか移動できない。
なので、2次元の人の動きはある線上に来ると1次元の
人の目の前に突然現れ、またどこかへ消えていくように
見えるのだ。
同じように2次元の人から見ると3次元の高さの概念を
持つ人間の動きは摩訶不思議だ。3次元の人間がどこかへ
ジャンプしたとたん、2次元の人の目から突然消えて、
着地地点にまたすっと現れるように見えるわけだ。

それでは4次元の人がいると仮定して、3次元の人間から
見たらどのように見えるか。4次元で加わる次元は時間
であるから、一言でいうと時間を飛び越えられるように
なる。私達3次元の人間では、時間は一定の方向にしか
流れないという概念があるが、4次元人からみれば
タイムトラベルは当たり前の感覚でできる。

今この世界に生きる僕達よりも、もっと高度な文明を
持つ生物や上の次元に生きる存在がいるとしたら、
きっと僕らの運命なんて簡単に彼らは変えられるのかも
しれない。それを神というのかもしれない。

暑さでボーっとしながらそんなことを考えてしまった。

<今日の記録>
RUN:熱中症にかかる危険性大なのでキャンセルしました。
  そうです。ただの言い訳です。
  明日20km走ります。
体重:84.2kg 体脂肪率:21.2%

<今日の食事>
朝:トマトジュース
昼:菓子パン2個+サンドイッチ+そぼろ弁当
夜:回転寿司20かん


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です