遺伝子のSWITCH


今日、遺伝子研究で有名な村上和雄先生の
ドキュメンタリー映画を見る上映会に参加した。

村上和雄ドキュメント
SWITCH
~遺伝子が目覚める瞬間~

人間の遺伝子には、1000文字×1000ページの
百科事典約3200冊分の情報が入っていると言われています。
しかし、私たちは生涯、その数パーセントしか使っていない
ことが様々な研究の結果により明らかになりました。
バイオテクノロジーの世界的権威・村上和雄博士は言います。
「眠っている遺伝子のスイッチをオンにすれば、人間の可能性は無限大だ」と。
では、私たちの遺伝子は、いかにしてオンになるのか。
村上博士の研究の軌跡と、苦難の中で花開いた人間の可能性を追った
ドキュメンタリーです。

村上先生の略歴は以下の通り

1936年生まれ。筑波大学名誉教授。
63年、京都大学大学院農学研究科農芸化学専攻、博士課程修了。
同年、米国オレゴン医科大学研究員。
76年、バンダビルト大学医学部助教授。
78年、筑波大学応用生物化学系教授となり、遺伝子の研究に取り組む。
83年、高血圧の黒幕である酵素「レニン」の遺伝子の解読に成功、
世界的な業績として注目を集める。
96年、日本学士院賞受賞。
『生命(いのち)の暗号』『人生の暗号』『生命(いのち)の暗号(2)』
『サムシング・グレート』『アホは神の望み』(いずれもサンマーク出版)、
『生命のバカ力』(講談社)、『そうだ! 絶対うまくいく!』(海竜社)、
『スイッチ・オンの生き方』(致知出版社)、
『遺伝子が語る「命の物語」』(くもん出版)、など著書多数。

より詳しい映画の詳細はこちら

この映画、見ているとフィフスエレメントの世界が実際に
あることを実感させられる。
数ある遺伝子のうち、機能しているのは数%でそれ以外の遺伝子は
潜在的な働きを持っているのに、ほとんど使わないまま人は死んでいく。
その潜在能力をすべて使うことができれば、人はもっと健康に、もっと
長寿になるとともに、より幸せ感を感じながら生き生きと人生を
送ることができる。

そういえば、遺伝子だけではなく脳細胞も数%しかつかっていないという
話を聞いた。奇妙な数字の一致を映画を見ながら感じた。
本当の人間のポテンシャルって、どんなものなのだろう。

博士は遺伝子のスイッチを入れるためのさまざまなアドバイスを
実際の映画の中でいろいろと示している。
どれも奇抜なものではないが、確かにその通りだと納得させられる
内容だと思う。

自分のポテンシャルを100%まで引き出したい方、
自分が何者であるのか、自分の使命を見つめなおしたい方、

必見です。

映画の村上先生に直接会いたくなった。
今度講演会などが予定されているので、スケジュールが合えば
会いに行きたいと思う。

<今日の記録>
run:お休みです。
体重:84.0kg 体脂肪率:20.3%

<今日の食事>
朝:バナナ
昼:から揚げ弁当
おやつ:アイスクリーム
夜:ピザ、ごぼうスティック


遺伝子のSWITCH」への4件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です