正式参拝


数日ぶりに東京へ戻ってきた。
今回はずっと雨続きのツアーだったが、
たくさんの神社へお参りすることができた。

特に伊勢神宮の外宮、内宮へ正式参拝
できたことが一番嬉しかった。

神宮は実は125社からなる神社の集合体で
その中心にあるのが、内宮と外宮である。
内宮は天照大神様、外宮は豊受大神様を
祭ってある。

実は平成25年に式年遷宮という、社の引越しを
控えており、そのための準備が現在されている。
遷宮(せんぐう)とは、神社の正殿を造営・修理する
際や、 正殿を新たに建てた場合に、御神体を遷す
こと。
式年とは定められた年という意味で、 伊勢神宮では
20年に一度行われている。

第1回の式年遷宮が内宮で行われたのは、持統天皇4年(690)
であるから、これまで1300年にわたって続けられ、昭和48年に
第60回、平成5年には第61回が行われ、 平成25年に
第62回を予定されている。

この遷宮の仕組みがあるからこそ、社が1000年以上も綺麗な
形で残っている、いわば、今も生き続けている神社である。
(だからおそらく世界遺産には登録されないかもしれない。
なぜなら遺産ではないから。。。)

正式参拝とは、通常は入ることができない、
本殿の御垣内での参拝をすること。
正確には特別参拝というそうだ。

< 正式参拝(特別参拝) >

判りやすくいえば、通常御垣内には入れませんので、特別に神様に
お眼通りが叶うという参拝の方法

御正宮(本殿)→正式参拝(特別参拝)

1.御垣内(玉垣内)にて神主と共に進み参拝
2.伊勢神宮では、特別参拝と呼ぶ。
3.正装が義務付けられている。
 (普段着・ジーンズ・華美な服装不可・ハイヒールで玉垣を歩くことは不可)
4.穂料金1000円以上

伊勢神宮などの「特別参拝」とは内宮・外宮の御正宮内に入り
参拝出来るという光栄に預かる事を意味する。

今回は礼服を持参して、早朝から外宮、内宮の順番で訪問させて
いただいた。小雨が降る中、伊勢の森のささやきの中で感謝の言葉を
お伝えさせていただくことができた。

いい気を受けて帰ってくることができたので、また明日から
1日1日を大切に過ごしたいと思う。

<今日の記録>
RUN:10km
体重:84.0kg
体脂肪率:21.5%

<今日の食事>
朝:ごはん+ごはんの友+みそしる
昼:おせんべい+ぱい
夜:カレー+コーヒーゼリー


正式参拝」への1件のフィードバック

  1. 伊勢には”石神さん”と言われる神社があり、ここは女性が参拝すると一生に一度だけ願いを叶えてくれるらしいです。伊勢神宮を始め、パワースポットと言われる場所には数日滞在するくらいで出かけた方がよりパワーをいただけるようですが、お互い多忙で難しそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です