数字に溺れる。。。

投稿日:

今日から6月だ。5月までに撒いてきた種を
今月からきちんと育てて刈り取るべく、気合を
入れて新しい月を迎えた。

月末から月初にかけては毎月のことだが、月次決算処理を
行っている。現在自分で全て仕訳を行っている法人が3社、
それ以外にコンサルとして数字を管理している法人が2社
あるため、毎月この時期はだいたい事務所内で数字に
溺れている。

こうした数字をひたすら積み上げる作業というのは、
最初に全体の作業を見渡してしまうと、とても気分がめいる。
丁度100kmマラソンでいきなり全工程をイメージしてしまう
のと同じだ。
作業工程の確認は必要だが、膨大な仕訳量を処理する際に
大切なことは、一旦行程を決めたら、目の前の作業に集中し
一つ一つ迅速かつ正確に処理をしていくことだ。
この部分もマラソンと良く似ている。100km先のゴールも
今目の前の一歩をきちんと踏み出さなければ絶対に
近づいてこない。

ということで、昨夜から今までずっと数字と格闘していた。
途中、再放送の相棒に逃れたり、近くの図書館まで散歩に
いったりと現実逃避行動が少し表れたが、無事全ての
会計処理及び数字処理を終えることができた。

僕は簿記の資格は持っていないが、なぜか連結決算の
処理まで一人でいつのまにかできるようになっている。
前職の留学ビジネスに携わっていた際に、四半期ごとに
会計士の先生と一緒に決算業務に携わらせていただいた
からだ。

最初のころは、仕訳の意味も分からず、ひたすら数字を
整理して足し算を行っていた。それがだんだん意味が
分かってきて、それに伴ってその背景にある経営的な
意味やリスクなどがわかるようになった。
簿記という資格ととることも大切だが、本当に必要なのは
その取得した資格を使いこなして、そこから生まれる付加価値
を自分なりに持つことではないだろうか?

少なくとも今では会社の財務諸表を見れば、その会社が
だいたいどのような状況であるかがすぐにわかりように
なった。これはコンサルをする上で大変役に立っている。
この感覚を維持するためにも、こうした積み上げの作業を
1ヶ月に1回位はやってもいいかもしれない。

(という嫌いな作業を自分に対する洗脳で無理やり納得
させようとする自分がいることに気づいてしまった。。。。)

<今日の記録>
RUN:18km(今月18km 今年1563km)
体重:85.0kg 体脂肪率:21.0
カロリー:1500-3300=▲1800(今月▲1800)

<今日の食事>
朝:なし
昼:パン2個+コーヒー
おやつ:カキ氷
夜:から揚げ弁当+コロッケ1個


コメント コメントを追加

  1. Keiko Echigo より:

    朝:なし
    昼:パン2個+コーヒー
    おやつ:カキ氷
    夜:から揚げ弁当+コロッケ1個

    はい????(;--)う・・

  2. Kenji Omori より:

    以前の食生活に似てこられましたね

  3. Keiko Echigo より:

    ただ坊の日記、アタシとってもファンですけどー^^どうも最後の食生活日記が重たくて、ついただ坊のいい話忘れちゃうのよねえ(笑)

  4. Kenji Omori より:

    そうですね。昔はもっとすごかったですから(笑)
    あとランニングにはいつも驚愕させられます、流石です。

  5. Tadashi Hattori より:

    みなさま、、、相変わらずの食生活で恥ずかしい限りです。
    もう少しちゃんと食べたいと思うのですが。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です