入院生活

投稿日:

昨晩からたくさんの方からお見舞いメールを頂戴しました。
本当にありがとうございます。
何名かの方から病院を教えてほしいという打診を頂戴しましたが、
自分が入院している姿をお見せするのはちょっと恥ずかしいので
ご勘弁ください!
月曜日の再検査で問題が無ければ、水曜日には退院できると
思いますので、また元気な姿をお見せしたいと思います。

今、こんな感じです。

入院といえば、過去検査入院で1週間ほど入院した
ことはあるが、今回のようにリアルに病院に運びこまれて
というのはほとんどない。

幼稚園児のころ、ジャングルジムの上で逆立ちをして
バランスを崩してそのまま頭から地面に落ちて、救急車で
運ばれたことがある。すでに30年以上が経過しているのに、
そのときの記憶はリアルに残っている。
しかもそのときにちょっとしたスピリチュアル体験もしている。
かなり上のほうから自分が救急車で運ばれる様子を目撃
している。すでにこのころから離脱体験をしていたのかもしれない。

入院生活は、体調さえ良ければ”超暇”である。
まだ体調が安定しておらず、薬の効き目が切れると
とたんに激痛に襲われる。
体調が良い時間を使って、たまっていた仕事を
こなしたいところだが、電波の問題があって少しの時間しか
ネットにアクセスできず、ほとんど仕事ができない。
できることと言えばブログの更新とメールの返信だけである。

ま、休めということか。

明日は本当は駅伝大会でランナーとして参加する予定だったが、
それも参加できなくなり、急遽代走の方をご用意いただいた。
横田基地を走る駅伝で、たくさんの仲間が集まるので、とても
楽しみにしていたのだが、こんな状況になってしまい、ご迷惑を
おかけしてしまった。。。残念。

昨年駅伝に出た後、こんなことをしていたのを思い出した。

もちろん写真に写っているタワーバーガーすべておいしく完食させていただいた。

なんとか早く回復して復帰したい!!!と思う。

<今日の記録>
測定できません。。。。

<今日の食事>
点滴のみ。
食事も水分も一切取らないという生活は初めてで
ちょっと新鮮。
 


コメント コメントを追加

  1. Nana Kobayashi より:

    がーん!入院したなんてしらなかった!!お大事に。。早く良くなるといいですね(><)

  2. annu tamura より:

    服部さん、お大事にしてくださいね!
    体調が大崩れするときは、きっと何か別の危険なこと回避とか、
    そういうことが起こってる信号かもですよ。
    あとから、「ああ、だからあのとき!」てかんじで。
    なのでむりせずゆっくり休んでください。

  3. Mayumi Osawa より:

    意外な臓器が影響している場合もありますから、これを機に隅から隅まで検査してもらいましょう。早期の回復と復活をお祈りしています。

  4. Tadashi Hattori より:

    ありがとうございます!まだちょっと不安定な体調ですが、かなり回復しましたので、もう大丈夫です。せっかくの機会なので、隅々まで検査してもらいます!

  5. Keiko Echigo より:

    ただ坊の脱皮ですから・・・・と信じる妄想家

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です