マラソンと経営

Tadashi Hattori

静岡県出身。東北大学工学部応用物理学科卒。 1993年アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)入社。大手会計システムの設計・開発・データ移行に携わる。同社戦略グループへ配属後、医療法人システム導入PJT、大手石油会社業務改革に従事。同社を退社後、個人で複数の中小企業を相手に経営診断、営業支援を実施した後、1998年(株)ベルハート入社。発信型テレマーケティングメソッドの開発・導入指導をしつつ、1999年Bell Heart Inex Le Corp.代表として台湾へ赴任。同事業黒字化の後、代表退任し帰国。 2000年(株)ラストリゾート入社。国内拠点、海外拠点の拡大に従事。同年、同社取締役。2002年、同社取締役事業本部長就任。2006年代表取締役に就任。2009年同社代表退任後、数々の新規事業、新会社設立に参画。コンサルティングや経営参画しつつ、多くのプロジェクトに足を突っ込む根っからのお節介。 生涯調達資金額が70億円を超える資金調達のスペシャリスト。

あわせて読みたい

4件のフィードバック

  1. 「実際、「これってブレークスルーだよな」というアイデアが
    本当に浮かんできたことが何度もありました。」って経験が未だにありません。しょーじき、浮かんでは消え浮かんでは消え・・・結局ほとんど何も考えてない時間です。なんでしょう、そこの域に到達するにはもっと走ることが苦しいことではなく、歩くことと同じような状態にまで走り込み、習慣化する必要があるってことですかね?

  2. Tadashi Hattori より:

    それは、きっと潜在意識にいろいろと埋め込まれているので、大丈夫ですよ。必要なときに必要なタイミングできっと思い出しますから!
    また、どこかのレースでご一緒しましょう。

  3. 服部さんこんばんは!
    池本さんの記事、興味深く拝見しました。すごい方ですね!
    全然関係ないのですが、今日みつけた「ほぼ日刊イトイ新聞」の「いいまつがい」
    http://www.1101.com/iimatugai/2011-06-28.html
    誤メールのとことで、

    同僚に送る社内メールを読み返していたら
    「服部社長が
     おっしゃりたいことはわかりますが」
    と入力したつもりが
    「はったり社長が
     おっしゃりたいことはわかりますが」
    になっていた。私の指は正直者だ。
    (ちゃんと直しました)

    と、いう投稿を発見。
    面白かったので、つい言いたくなってしましました。
    こういう「面白い」が口コミになって広まっていくんですよね。糸井重里さんの着眼点は、ほんとすごいな、と思います。

  4. いや~、ホントにハンゾのアンテナ、大好きだわ。いつも良い刺激をもらってます。ということで、今、走ってきました~♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です