お金のものさしを捨てる

Tadashi Hattori

静岡県出身。東北大学工学部応用物理学科卒。 1993年アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)入社。大手会計システムの設計・開発・データ移行に携わる。同社戦略グループへ配属後、医療法人システム導入PJT、大手石油会社業務改革に従事。同社を退社後、個人で複数の中小企業を相手に経営診断、営業支援を実施した後、1998年(株)ベルハート入社。発信型テレマーケティングメソッドの開発・導入指導をしつつ、1999年Bell Heart Inex Le Corp.代表として台湾へ赴任。同事業黒字化の後、代表退任し帰国。 2000年(株)ラストリゾート入社。国内拠点、海外拠点の拡大に従事。同年、同社取締役。2002年、同社取締役事業本部長就任。2006年代表取締役に就任。2009年同社代表退任後、数々の新規事業、新会社設立に参画。コンサルティングや経営参画しつつ、多くのプロジェクトに足を突っ込む根っからのお節介。 生涯調達資金額が70億円を超える資金調達のスペシャリスト。

あわせて読みたい

3件のフィードバック

  1. Keiko Echigo より:

    同感じゃ♬タイ茶おいひそおおおおー^^

  2. Hisashi Ito より:

    非常に賛成ですね。ただ、私自身、立場的にもやはり、収益(収入)はそれなりに追いかけますが、絶対に間違えていけないのは、目的と手段の位置関係ですね。金を儲けるという行為はあくまで、プロセスであり、目的達成の為の手段の一つに過ぎないと言う事です。金儲けが目的になってくるとやはりおかしな事になってくる。

  3. 秦 嘉伸 より:

    コメントのItoさんがもし‘伊藤さん’なら伊勢を治めた藤原家の血筋ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です