腸脛靭帯症候群

投稿日:

ちょうどチャレンジ富士五湖から1週間が経過した。
レースのレポートでも書いたが、左ひざの外側から
かなりの痛みが生じていて、それ以外の筋肉通は
ほぼ完治したが、膝にだけ少し違和感が残っている。

僕は初マラソンが四万十ウルトラマラソンだったのだが、
そのときにも38km地点で膝に痛みを覚えて、67km地点で
リタイヤするまで根性で走ってしまった。そのあと3ヶ月くらい
歩くのにも苦労することになってしまったのだが、そのときの
診断結果が「腸脛靭帯症候群」というものだった。

腸脛靭帯は膝の外側を通過して脛骨外側に
付着しているのだが、この靭帯がすり合うことで
徐々に出現してくるらしい。
はじめは、膝の外側に緊張、違和感を感じ、
その症状が徐々に灼熱感に変っていく。
痛みで走れない状態になるが、休むと楽になる。
しかし再び練習を再開すると痛みがでてきてしまう。
あまりひどい場合にはステロイド注射や
腸脛靭帯の解離手術をすることもあるらしい。

ま、今日も10km以上軽いJOGを行えるくらいまで
回復しているので大丈夫だとは思うが、しばらくは
無理をせず、徐々にペースを戻していきたいと思う。

<今日の記録>
RUN:12km(今月27km 今年1347km)
体重:82.4kg 体脂肪率19.5%
カロリー:+1900-2640=▲740(累計+1410)

<今日の食事>
朝:バナナ2本+今川焼き
昼:きつねうどん
夜:野菜なべ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です