スイカが爆発?


Googleニュースから
--------------
中国の江蘇省で、収穫をひかえたスイカが突然「爆発」するという現象が、
相次いで発生しているという。原因は、植物の成長促進剤にあるとみられている。

 国営中央テレビ(CCTV)によると、江蘇省丹陽市にあるスイカ畑では、
5月初めに成長促進剤のホルクロルフェニュロンを散布した。
その数日後、収穫を目前にひかえていたスイカが次々と
自ら割れてしまったという。

中国新聞社によると、南京農業大学の汪良駒教授は
「(成長促進剤の)使用方法が間違っている」と指摘したという。
成長促進剤は本来、スイカが大きく育つ前に使用すべきだが、
収穫直前に使用していた。

 ホルクロルフェニュロンは米国で開発され、日本でも1985年から
使用されていた。しかし果実の形が悪くなったり、腐りやすくなったり
することから、日本では使われなくなったという。
中国農業大学食品科学・栄養工程学部の馮双慶教授が
中国新聞社に語った。

なお、スイカの「爆発」に影響を及ぼしたこととして、同地域で日照りが続いた後に
豪雨が降ったことも挙げられている。
---------------

欲張りすぎると失ってしまうことのすごく分かりやすい事例だ。。。

<今日の記録>
RUN:10km(今月110km 今年1430km)
体重86.0kg 体脂肪率21.2%
カロリー:+1800-2600=▲800(累計+2020)

<今日の食事>
朝:おべんとう
昼:サンドイッチ
夜:ベトナム料理


スイカが爆発?」への2件のフィードバック

  1. 中国ではこのような珍事が多発しているようですが
    やはり過剰な人口問題が原因の一つでしょう。
    あれだけの人口を抱えていたら異常な生存競争におかれ本当に目の前の事にしか目が行かず
    善悪を考える余裕もなくひたすら突き進むしかないでしょうね。
    元々漢民族の性質といったものがそういうのを端的に表してるともいえるし。

  2. この様な思考の国が日本の近くにある訳ですから相当頭が痛い問題です。
    チベットやタイ、ベトナムなど比較的温厚な国々の近くに日本があれば
    日本人も多大なストレスを抱えながら生活しなくてもすむのに何の因果か
    危険な隣国がそばに控えているという。
    まだインドやロシアと強力しあった方がましな気がして仕方ないですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です