「服部」の由来

Tadashi Hattori

静岡県出身。東北大学工学部応用物理学科卒。 1993年アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)入社。大手会計システムの設計・開発・データ移行に携わる。同社戦略グループへ配属後、医療法人システム導入PJT、大手石油会社業務改革に従事。同社を退社後、個人で複数の中小企業を相手に経営診断、営業支援を実施した後、1998年(株)ベルハート入社。発信型テレマーケティングメソッドの開発・導入指導をしつつ、1999年Bell Heart Inex Le Corp.代表として台湾へ赴任。同事業黒字化の後、代表退任し帰国。 2000年(株)ラストリゾート入社。国内拠点、海外拠点の拡大に従事。同年、同社取締役。2002年、同社取締役事業本部長就任。2006年代表取締役に就任。2009年同社代表退任後、数々の新規事業、新会社設立に参画。コンサルティングや経営参画しつつ、多くのプロジェクトに足を突っ込む根っからのお節介。 生涯調達資金額が70億円を超える資金調達のスペシャリスト。

あわせて読みたい

6件のフィードバック

  1. Ryoichi Yamato より:

    私の実家、伊勢崎市は秦氏が祀られています。地名が、「伊勢神宮の前(サキ)」にある土地ということで、伊勢崎になったようです。伊勢神宮と関係が深い土地だったのでしょう。だからこそ、伊勢崎、桐生、足利などは繊維の街になっていったのでしょう。

  2. Tadashi Hattori より:

    大和さん、コメントありがとうございます。確かに強いご縁を感じますね。時間を見つけて一度めぐってみたいものです!

  3. 秦 嘉伸 より:

    大きく取り上げて頂いて有り難う御座居ます。
    服部の名は、おそらく奈良時代から平安に掛けて秦一族が一部、名を変えた中の一つ。
    それまでは、服部姓も古い時代は「秦」か「幡」或いは「波多」であったと思います。
    また、秦一族の象徴は「鷹」ですので、鷹の話しがある所には秦一族が関係していると思います。注意してみて下さい。因みに絹糸(きぬいと)とは音読みで‘きんし’であり、これは神武天皇の東征の話しに出て来ます‘金鵄’の隠語です。

  4. 関東 服部 より:

    秦さんに教えて頂いて訪問させて頂きました。
    秦氏の集いメンバーの服部と申します。
    さて私は群馬県や栃木県にもわりと近いので、桐生や足利にも度々足を運んでいましたよ。
    足利市は藍染めが結構有名です。
    桐生は競艇ですとか(^’^)がまあ有名です。
    桐生は自然が濃いとても安らげる緑の空気がおいしい良いところですよ。

  5. test より:

    Seems as if it’s finally planning to warm up again .. It would have been a wild winter this season all around the county. Is seems just like spring time won’t come in time… Looking towards our summer months ahead .

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です