2007年6月4日

投稿日:

皆さん、こんばんは。

今日は朝から3件ほど株主周りを行いました。最初に訪問したのがJAFCO、2社目が三菱UFJキャピタル、3社目がみずほキャピタルと3社ともキャピタル系でした。最初のJAFCOのアポイントが朝10時でしたので、早めに会社に出て整理してから訪問しようと思い、午前8時頃には本社に到着したのですが、生憎会社の鍵をスーツのポケットに入れっぱなしだったために鍵を持ってなくて結局オフィスに入ることをあきめて、そのまま東京駅まで出て、鉄鋼ビル近くのタリーズで1時間ほど時間をつぶしていました。お店に入って30分ほどたったら、藤江さんが同じタリーズに入ってきて、簡単に打ち合わせを行いそのままJAFCOへ訪問しました。簡単な前期の数字の説明と当期の事業計画と現在打っている政策についての説明を行い、数点の質問を受けて約50分ほどで面会は終わりとなりました。次の三菱UFJキャピタルも三社目のみずほキャピタルも同じような説明をしたのですが、赤字の説明にも関わらず、皆さん当社の事業に対する期待が高く、頑張って早く上場していただきたいというエールを頂戴いたしました。また、こうしたたくさんの株主の期待を負っていることを再認識させられました。

みずほキャピタルのオフィスは、実を言うと東証から徒歩1分のところにあって、昨年上場承認を取り下げてから、1年半ぶりに東証の建物を目の当たりにしました。下の写真の左側にあるごつい建物が東証です。ちょうど写真の真ん中くらいの位置に出入り口があって、そこで入館チェックを受けて広いロビーへと入ります。実際の審査は7階位の10人位が入れる会議室で行われるのですが、昨年の上場準備の様子が走馬灯のように頭の中に流れていきました。今のスケジュール感でいえば、来年の秋口に再度ここに来て審査を受けることになると思いますので、是非それまで頑張りましょう。
  
株主訪問の合間の時間を使って、セントメディア社と現在検討しているアライアンスの一つの詰めを行ってきました。グローバルキャリアというサイトを先方はこの5月に買収し、現在てこ入れを行っているのですが、このサイトでは、主に英語力を生かした仕事をサイト上で紹介していて、そうした仕事に就くことを希望されている方とのマッチングを行っています。当然、当社の帰国後に英語を生かした仕事につきたいと考えているお客様に対してそうしたお仕事情報を公開し、マッチングを行っていきたいということを現在考えているのですが、そのほかに、せっかくなのでグローバルキャリアに集まってきている英語感度の高い顧客層に対して、当社のインターンシップの商品をダイレクトに訴求する仕組みを作ることができないかどうかについても検討することが決まりました。なんとか7月中に双方の情報をきちんと公開できるように準備を進めていき、少しでも多くの見込み客の獲得につなげていきたいと思います。
 
<今日の写真>
アンダーセンに入って最初のプロジェクトのメンバー一同でとった写真です。職場のすぐ真横にあったスペースにキルメスという移動遊園地が夏休みの間に仮説されて、夜になるとカップルの嵐になっていました。残業でいらいらしている中で遊園地の中にいる幸せそうなカップルを見ながら、恨めしく思った思い出があります。真ん中にいる恰幅のいい親父が菅原さんというプロジェクトリーダーで、この人には本当に翻弄させられました。SWATというアメリカの特殊部隊をイメージした所謂「何でも屋」の部隊に僕も一時期所属していたのですが、菅原MGRの影で自分たちのチームのことを「菅原(S)・わがまま(W)・あと処理(A)・チーム(T)」と名づけて、社内で大うけしたことがありました。大変でしたが、後で振り返ってみれば、結構このときに鍛えられたように思います。

本日はここまで。おやすみなさい。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です