100km走るって。。。


皆さん、こんばんは。

 

まずは、今日の報告から。今日は朝一で港北区役所と法務局へ行ってきました。社長となると銀行さんからいろいろと個人的なお願いをされるのですが、その一つに住宅ローンの切り替えがありました。これまで三井住友銀行で借りていた住宅ローンを、メインバンクのみずほ銀行に切り替えるためにいろいろと書類が必要となり、その書類を取ってきたわけです。この切り替えに係る費用が担保設定の抹消及び再登録でおよそ35万、三井住友のローン解約手数料が土地、建物合わせて14万とおよそ49万円位かかります。ただ、三井住友の場合には、ローン借入時に保証料がかかっていたのですが、みずほの場合は保証料の負担が無いプランにしていただいたため、三井住友から戻ってくる保証料の60万円位を、そのまま借り換えに係る費用に当てるということで今回は対応しました。なお、金利増に伴う月額返済金利の増額が3年でおよそ10万位なので、実は借り換えをしてもトータルでほとんど変化はありません。

ここまでが銀行さんの説明ですが、これにだまされてはいけません。ある条件が満たされる場合、実は大損となります。(分からない人は直接聞いてください。)ま、今回は強く出ることもできず、他にメリットもありましたので、結局このスキームに乗ることにしました。

 

お昼から一つアポをこなした後、定休日でがらんとしていた本店を訪問し、リチャードとショートミーティングをしました。現在リチャードには、英会話の有償化の検討、外国人向けホームステイ&文化交流ツアーPGMの開発、英国人の受入サポート、英語力チェックの大きく分けて4つの仕事をお願いしています。しばらくばたばたしていて、落ち着いて話をできていませんでしたが、9月までに何らかの形で収益貢献できるように頑張るということでしたので、温かく見守ってやってください。

 

その後本店に移動して、溜まっていたいくつかのデスクワークをこなしてメールをチェックしていたところ、ネットプライスの池本社長から今年の10月に実施される四万十川ウルトラマラソン(リンク参照)へ一緒に参加しようというお誘いがありました。

http://www.city.nakamura.kochi.jp/kyouiku/sport/marathon.html

池本さんとは、ドクターシーラボの社長を勤められる前からの知り合いで、たまに会っていろいろとお話させて頂いているのですが、数年ほど前からランニングに凝っているようです。池本さんはシーラボとネットプライスの2社を上場させている、とても運気の強い方です。ちなみに僕がレーシックの手術を受けたのもこの池本さんの影響です。さて、このウルトラマラソンですが、大変景色の良い四万十川沿いを100kmほど14時間の制限時間以内に走るというものです。(うそだろーって感じ。)昨年12月末に、友人の結婚パーティで盛り上がったときに、お酒の勢いで約束してしまったのですが、まさか覚えているとは。。。約束は約束なので、参加申込はしようと思います。人気のある大会なので、抽選で参加可否が決まるのが最後の砦です。なんとか落ちるのを祈るばかりです。

 

今日は定休日ですので、馬鹿話を少し。

 

マラソンといえば、僕はフルマラソンに参加したことはありませんが、大学時代に寮に入っていて、その寮の5月の新人イベントで松島マラソンというのがありました。夜の12時に仙台市の上杉にある東北大学明善寮をスタートして、30Km先の松島海岸へ向けて走る危険極まりないふざけたイベントです。当然、交通誘導や警察なんかの協力は無く、暴走する車を横目に国道45号線をひたすら松島へ向けて走り続けます。松島の辺りは、今でこそ道が整備されていますが、昔はガードレールのすぐ外側が海でしたので、ふらついた学生が海に落ちてしまうケースもあったようです。(ほとんど犯罪だと思います。。。)だいたい2時間半くらいで完走したのですが、翌日から1週間位はずっと筋肉痛になっていました。明善寮に入寮した1年生は学校で会うとみんな歩き方がおかしいので一目で分かりましたね。ま、今年の大晦日にも27kmを4時間で歩ききっているので、少し体を鍛えて、なんとか100km完走できる体を作っていきたいと思います。(「体重100kgで100km完走」っていうのもフレーズとしては面白いけど、ま、もっと体を絞らないときっと完走できないので、あきらめます。)

 

<今日の写真>

大学の話が出たので、今回は大学時代の写真を掲載します。僕のいた明善寮では、春と秋に寮祭というイベントがありました。春の寮祭では前述の松島マラソンの他に、仙台の一番の繁華街である一番町通りを仮装行列で歩くという辛い行事が新寮生には課せられていました。大学の寮では、その住んでいるフロアー毎にサークルと呼ばれるグループに分かれており、僕は山椒というグループに所属していたのですが、その山椒グループメンバーに毎年課せられる仮装は「ふんどし」。どこが仮装なのかよくわからないのですが、ふんどし姿で明善寮から仙台の一番町通りの端から端まで歩いて、片平地区にある東北大学の本部まで歩かされました。とてもシラフではできないので、結構出発前にアルコールを入れてかなり酔っ払った状態でスタートするのです。ただ歩くだけならまだいいのですが、歩いている途中で、先輩からいろいろな指令が。。。僕に与えられたミッションは、ふんどし姿のまま「あそこのミスタードーナツ入って、女の子ナンパして来い。」まさにミッションインポシブル。。。仙台の銘酒「一の蔵」を一気に飲み干して、前後不覚の状態でお店の中へ。すぐに店員さんに追い出されましたが、運良くお店から出てきた女の子に事情を話して一緒に来てもらって、なんとかミッションコンプリート。後の飲み会で聞いた話ですが、指示を出した先輩達の方が警察沙汰にならないか実はどきどきしていたようです。(だったらやらせるなよって思いましたが。。。)若気の至りとはいえ、アホな話ですよね。こんな寮だったので、すぐに出ていく学生も多かったのですが、僕は2年間本当に楽しませていただきました。どんなことにもあまり動じず、突撃していく特攻精神みたいなものは、ここで培われたのかもしれません。

 

明善寮の紹介:http://www.ton-press.jp/article/j01/j012meiz.html

明善寮ライフ:http://homepage3.nifty.com/meizen/wasse3.html

 

今日はここまで。明日から中盤戦、みんな頑張ろう。

 

 

 

 

 


1件のコメント 追加

  1. oratei より:

    明善寮がエライことになっています。詳しくは、以下のサイトで
    http://ton-press.blogspot.jp/2014/07/blog-post_16.html

    http://www.tohoku.ac.jp/japanese/studentinfo/studentlife/05/studentlife0502/

    私は中江にあった尚心寮に入り、その後尚心寮と浩寮を統合して新築された八木山緑町の以文寮に移りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です