青春の詩


久しぶりの書き込みになります。
先日、とある方とお話ししていたときに
教えていただいたサミュエルウルマンの
「青春の詩」を今日は紹介します。

詩にはその行間に、思考では埋めることができない
ニュアンスや想いを込めることができます。

是非この感じを味わってほしいと思います。

青  春

サミエル・ウルマン

青春とは人生のある期間を言うのではなく心の様相を言うのだ。

優れた創造力、
逞しき意志、
炎ゆる情熱、
怯懦を却ける勇猛心、
安易を振り捨てる冒険心,
こう言う様相を青春と言うのだ。
年を重ねただけで人は老いない。
理想を失う時に初めて老いがくる。
歳月は皮膚のしわを増すが情熱を失う時に精神はしぼむ。
苦悶や、狐疑、不安、恐怖、失望、
こう言うものこそ恰も長年月の如く人を老いさせ、
精気ある魂をも芥に帰せしめてしまう。
年は七十であろうと十六であろうと、
その胸中に抱き得るものは何か。
曰く「驚異えの愛慕心」空にひらめく星晨、
その輝きにも似たる事物や思想の対する欽迎、
事に處する剛毅な挑戦、
小児の如く求めて止まぬ探求心、
人生への歓喜と興味。

人は信念と共に若く
人は自信と共に若く
希望ある限り若く
疑惑と共に老ゆる
恐怖と共に老ゆる

失望と共に老い朽ちる大地より、神より、人より、
美と喜悦、勇気と壮大、偉力と霊感を受ける限り
人の若さは失われない。

これらの霊感が絶え、
悲歎の白雪が人の心の奥までも蔽いつくし、
皮肉の厚氷がこれを固くとざすに至れば
この時にこそ人は全くに老いて
神の憐れみを乞う他はなくなる。

<原文>
YOUTH

Youth is not a time of life-it is a state of mind;
it is a temper of the will,
a quality of imagination,
a vigor of the emotions,
a predominance of courage over timidity,
of the appetite for adventure over love ease.

No body grows only by merely living
a number of years;
peoples grow old only by deserting their ideals.
Years wrinkle the skin,
but to give up enthusiasm wrinkles the soul.
Worry,
doubt,
self-distrust,
fear and despair

these are the long ,long years
that bow the head and turn the growing spirit back to dust.

Whether seventy or sixteen,
there is in every being’s heart the love of wonder,
the sweet amazement at the stars and the starlike things and thoughts,
the undoubted challenge of events,
the unfailling childlike appetite for what next,
and the joy and the game of life.

you are yang as your faith, as old as doubt;
as young as your self-confidence, as old as your fear;
as young as your hope, as old as your despair.

今日はここまで。

gi01a201503251500


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です