親書という手段

今日は外交関係がバタバタとした一日でした。 午後から少し時間があった...